ソーラーカー製作ガイド

当社では、ソーラーカー用部品を販売しております。

基本配線方法
配線図中の部品は、当社にて取り扱っているパーツです。
(図中の部品をクリックすると各ページに行きます。)
ソーラーパネル トラッカ(MPPT) DCスピードコントローラ バッテリ ブレーカ DCモータ スロットル バッテリ残容量計 シャント抵抗(バッテリ残容量計) トグルスイッチ ダイオード 電流計 電圧計 温度計 温度計 シャント抵抗(電流計)

PDF形式の基本配線図を用意しております。右のアイコンをクリックしてください。 印刷してご利用になる時には、お使いください。
なお、PDF形式のファイル操作についての質問は、弊社ではお受けいたしかねます。 詳しい事はこちらをご覧ください。



ソーラーカー用パーツの組み合わせは色々考えられます。
ソーラーパネル バッテリー スピードコントローラ モータ  参考
FT132-Eを12枚(480W)
4直列3並列接続
バッテリー12Vを4個直列 NIC-48-150 BF4-080H 800W
DC48V 19.5A
ベーシッククラス
FT132-Eを16枚(637W)
4直列4並列接続
バッテリー12Vを4個直列 NIC-48-150 BF4-150H 1.5KW
DC48V 36A
FT132-Eを20枚(800W)
4直列5並列接続
FT132-Eを16枚(637W)
8直列2並列接続
バッテリー12Vを8個直列 NIC-96-150 BF9-160H 1.6KW
DC96V 18A
FT132-Eを16枚(637W)
8直列2並列接続
バッテリー12Vを8個直列 NIC-96-150 BF9-220H 2.2KW
DC96V 26.3A

ソーラーパネル ソーラーカー用軽量フイルムタイプですので、曲面への取り付けも出来ます。

バッテリ 使用用途に合わせて2種類を用意しました。

スピードコントローラ モータ性能を最大限に引き出し、しかも保護するスピードコントローラです。

モータ 実績豊富で小型軽量・高トルク・高効率モータです。

バッテリー残容量計 充電するとカウントアップ、放電するとカウントダウンして、バッテリーの残エネルギーを計測して表示します。天候・レース内容に応じて走行を考える強い武器に。

セパレート表示器 バッテリー残容量計と接続することで、表示部のみをインパネに取り付けられるので、コックピットの限られたスペースを有効に活用することができます。

トラッカー 太陽電池とバッテリーの間に仲介し常に最適動作点をサーチして最大電流で充電を行うように働きます。48Vのバッテリーの場合4枚のソーラーパネルを直列接続しますが、トラッカーを接続する場合は、パネル6枚が最適です。


■カタログはこちらからどうぞ。 ▲このページのTOPへ



Copyright (C) 2017 Tusima Electric CO.LTD. All right reserved.